行動ファイナンス
価格:¥3,996
1)平均的人間は利益と損失には異なる反応をすることを考慮すると、儲かるケースと損するケースは基本的に分けて理論化する必要がある。(2)それを負担すればプレミアムが期待できるものと定義するときのリスクは不確実性を示すボラティリティではなく、損失の可能性を示す下方リスクである。(3)バリュー株のアブノーマルリターンに関して、バリュー株の高リターンはリスクを負担したプレミアムとして説明できるが、グロース株の低リターンの原因はミスプライスにある。(4)プラスサムゲームである投資とゼロサムゲームである投機の間には、リスク許容度の違いといった皮相的なものではない本質的な違いがある。?本書「改訂にあたって」より◆経済学における位置づけ、伝統的ファイナンスおよび心理学との関係、効率的市場仮説、投資家心理、裁定取引の限界、ノイズトレーダーについての考え方等、その特色、期待される役割についてわかりやすく説明している。◆投資家心理としての選好がどのようになされるかについて「プロスペクト理論」を中心に、「フレーミング」「心の会計」「損失回避」「反転効果」「保険文脈」「参照点」「アンカリング効果」「後悔理論」「機会費用」「選好の逆転」「所有効果」「近視眼的損失回避」「時間分散」「損失先送り効果」「あぶく銭効果」「サンクコスト」等から明らかにしている。◆投資家心理としての信念形成のバイアスがどのようにもたらされるかについて、「ヒューリスティック」「自信過剰」「群集行動」に基づき、「外挿バイアス」「確証バイアス」「アレの逆説」「メモリーバイアス」「基準率の無視」「ベイズの定理」「保守性バイアス」「少数の法則」「連言効果」「ナイト流不確実性」「コントロール幻想」「楽観的幻想」「キャリブレーション」「認知的不協和」「自己責任バイアス」等を用いて説明している。◆「投資家心理」と「裁定取引の限界」により生み出されるアノマリーを分類し、日米欧の株式市場で実際にみられるアノマリーの実証分析を行っている。◆プロスペクト理論を応用したファイナンス理論、もっとも関心の高いアノマリーである情報に対する過剰および過小反応に基づくリターンの予測可能性をテーマにした論文等、行動ファイナンスに関する主要な論文を多数紹介している...
商品の詳細を見る



後悔の人気ランキング





Yahoo!ポイントで被災地などへ募金ができます


通販1,752件|後悔