世界美術大全集 東洋編 第5巻
価格:¥30,240
徽宗皇帝の書や花鳥画に代表されるように宋は空前の芸術国家でもあった。水墨山水画の成立と郭煕、李唐の登場、蘇軾、黄庭堅らの書風の確立、陶芸では青磁、白磁が洗練の極致を迎え、漆芸では螺鈿、堆朱が繁栄する。北方では遼、西夏などの遊牧、騎馬民族が勃興、異民族の美術も花開いた。新資料と鮮明カラー満載の待望の一巻!! 文治国家北宋は徽宗皇帝に代表されるように芸術国家でもあった。水墨山水画が成立し、蘇軾(そはく)、黄庭堅(こうていけん)、米■(べいふつ)の書風が確立し、陶芸では白磁、青磁が洗練の極致を迎えた。新発掘丈物で構成する遼、西夏も興味深い。五代十国の分裂期を経て、「文治国家」宋では新興地主や富商が新しい支配層の母胎となる。科挙制度で多くの知識人(士太夫)を輩出し、政治と学問・芸術とのかかわりが強まり、類まれな芸術の時代が現出された。とくに八代皇帝徽宗(きそう)は自ら書画をよくし書では金体(そうきんたい)と呼ばれる書風を確立、絵画でも見事な花鳥画を描いた。美術の黄金時代といわれる時代が訪れたのである。宣和(せんな)時代の到来である。宮廷画家の画院が置かれ、水墨山水画が成立し、郭煕(かくき)、李唐(りとう)などが登場する。また、書の世界では蘇軾、黄庭堅、米が書風を確立、陶芸では青磁、白磁が洗練の極致を迎え、天目(てんもく)も名品が製作された。定窯(ていよう)の白磁は″天下の名品″と呼ばれ、日本でも数多くの歴代の愛好者を生んだ。漆芸では螺鈿(らでん)、堆朱(ついしゅ)が繁栄する。首都、開封(かいほう)の空前のにぎわいは張択端の名作「清明上河図(せいめいじょうかず)」に描かれた通りであった。一方、北方では遼、西夏などの遊牧、騎馬民族が興り、宋王朝をおびやかす。遼時代の″東洋のヴィーナス″と呼ばれる仏像、絢爛たる壁画、西夏の仏画など、新資料、新発掘の文物で構成する他に類例のない一巻。...
商品の詳細を見る



きんちゃくの人気ランキング





Yahoo!ポイントで被災地などへ募金ができます


通販1,257件|きんちゃく